奈良の呼吸器内科医ブログ(仮)

呼吸器内科です。臨床に役立つ情報の共有を目指します。

睡眠時無呼吸症候群の診療フローチャート

睡眠時無呼吸症候群診療ガイドライン2020を元に作成しました。

ポイントは

・無呼吸を疑う患者では精査を進めながらも生活習慣の是正を行う。

・(記載はしていませんが)問診票だけで除外はせず、診療所でも可能な簡易検査を行う。

・簡易検査でAHI≧40ならば保険診療CPAP導入可能。

・簡易検査でAHI<40ならば専門施設に紹介してPSG施行してもらう。

・PSGでAHI≧20であればCPAP導入考慮する。

・重症SASの患者で(特に若年者)では手術適応を見逃さない。

CPAP治療が継続困難な場合や軽症~中等症の場合は口腔内装置も治療選択肢になる。

 

簡易検査では日によってAHIが変動する事もあるので、2回行う施設もあります。2日とも40以上であればCPAP導入で良いでしょうが、1日目40以上、2日目40未満など日によって異なるケースではPSGでの診断確定が望まれるのでは無いかと思われます。 

 

 

f:id:noboru-_-0913:20210111183212p:plain